テーマ:プロローグ

人生、夢・幻の如く

 「人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢幻の如くなり ひとたび生を享け 滅せぬもののあるべきか」  織田信長が好んで舞ったといわれている幸若舞(こうわかまい)「敦盛(あつもり)」の一節。 人間世界の一生は、儚く夢・幻のようであるという事のようだ。  自分自身も気がつけば、あっという間に40代の後半に突入して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more