中華 四川の味

 ひと口に中華料理と言っても、各地域毎に、テイストが微妙に異なる。 
北京、広東、上海、四川、そして、山東、福建、江蘇、浙江、安徽、潮州、湖南、台湾と多種多様だ。 日本でいう中華料理とは、大抵が最初にあげた4地域の料理を、日本人向けにアレンジしたものが多いと思う。 日本で本場の味を楽しもうと思えば、横浜の中華街に行けばいいのだが、都内からだと距離もあり、 値段もピンキリで、ちょっと敷居が高い。 

 中華の中で、特に四川料理は、辛いというイメージが定着している。
辛い食べ物に嵌って以来、四川料理は大好きだ。 しかし近所の中華レストランの麻婆豆腐は、香港や上海などで食べる本場の味と少し違う。 
理由は、調味料が根本的に違うようだ。

 本場、四川テイストに拘り、ここしばらく頻繁に行くようになった、安くて美味しい店がある。  お手頃価格で、セットメニューがあるので一人でも大丈夫、そして本場の味だ。 都内あちこちに店舗があるようだ。

 それは、"旨辛至福研究飯店 陳麻家" だ。  

 ここの "陳麻飯""担々麺" の味には、ちょっと感動して嵌った。  
辛さの秘訣は、四川山椒らしい。 普通の日本人には、すこし辛く感じると思うが、旨辛の愛好家にとっては、辛さの度合いは丁度よい。 

 最初にくる辛さと、後から来る挽肉と胡麻スープの甘さが絶妙にマッチしている。 それからというもの、頻繁に通っていたのだが、しばらくすると辛さが、甘口に変更された。 やはり万人向けには、少し辛すぎたようだ。 
しかし注文時に、辛口と甘口の指定できるので問題ない。 

 この店では、この辛さを、"旨辛" と表現している。 
(※ 蒙古タンメン中本では、"辛旨"という。)
また各店舗毎に、オリジナル・メニューがあり、全く同じ品揃えではないようだ。

 店内には、"旨辛" の定義が、少し仰々しいがユーモアのある文言で書かれているのが面白い。 ホームページから抜粋すると、

     「人、三度、陳麻飯を食すとき、舌に天使が舞い降りる。
     人、初めて、陳麻飯を平らげるとき
     鮮烈たる香辛料の力は食した者の体内にて目覚め、
     凡庸たる食味に飽いた感性に炎を灯す。

     人、再び、陳麻飯を制すとき
     配合された香辛料の複雑な迷宮に迷い込み
     その絶妙なる味覚の競演に驚愕を覚える。

     そして、三度、陳麻飯に出会うとき
     人は食欲を促す四川山椒の奥に宿る旨みを堪能し、
     やがて恋に落ちるがごとく、味覚の虜となる。

     幸福なる発汗とともに、
     皆々様の舌上に天使の降臨せんことを願う。」



 残念な事に、近所の "陳麻家" は閉店してしまった。 
機会があれば、他の店舗に食べに行きたいと思う。



お腹が、"グゥ~" と鳴ってしまったら、
ポチっと、クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ 

こちらも、ポチっとお願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック