夢・幻の如く 〜 Going My Way 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS The ぼったくり (後編)

<<   作成日時 : 2009/08/03 16:01   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

 "えっ " 

 地元でないのに、なんでカラオケ・バーのイイ店を知ってんのかなぁ

 もしかして、またもや ぼったくり・バー の勧誘か?
それともカラオケのホステスか? ・・・と深読みしてしまう。

 以前、タイのバンコックで、タクシー運転手の勧めるバーに行ったところ、
運転手が、バーのマスターから謝礼を受け取っていたのを目撃してしまった。 
ぼったくりではなかったけれど、やはり紹介料目的で勧められたのだ。

 この子たちも、見知らぬ店であっても店長に紹介料の
交渉をされてしまっては、その分高くつくのは確実だ。

 もしかして純粋な気持ちからかもしれないけれど、やはりちょっと危なそうだ。  
世界中でぼったくられた経験上 "石橋は叩いて渡る"
という習性がついてしまった。

 "よーし "

 中華料理店とかピザの店などを誘って、それがダメなら諦めよう。
カラオケに行っても歌える曲はないし、比較的に安上がりの夕食
中国語会話を楽しむ方がイイと思うからだ。

 そんな訳で、再度女の子たちを、夕食に誘ってみたけれど、
どーしても "カラオケ・バー" でないと嫌だという。
仕方ないので、道案内してくれたお礼を言ってその場で分かれることにした。
女の子たちは、ちょっと残念そうな顔をしていたけれど仕方無いと諦めた。

    


 帰国後、上海でぼったくられた経験がある前職の同僚と話す機会が
あったので詳しく聞いてみた。 すると驚いた事に、全く同じ場所だった。
(上海の繁華街、南京路歩行街) 
そこで呼び込みの女の子に、日本語で声を掛けられ、
"日中友好だ!" と誘われたようだ。

 結局、その同僚2人は誘われるがままバーへ入り、飲んでいる途中で女性は失踪、
後から怖い用心棒が出てきて、お会計は20万円と請求されたようだ。
(当時の中国で、20万円と言えば、日本での200万円に相当。)

 用心棒へ、手持ちの現金はないと伝えたらしいが、
許してもらえず所持品を調べられ、本当に現金がないと分かると
同僚1人を人質にとられたらしい。 

 そこで、何で警察へ行かないのか?と思うかもしれない。
しかし、反日国家、中国の警察に駆け込んでも言葉は通じない上、
ヘタをすれば自分が逮捕されてしまうかもしれない。
出張で仕事もあるし、おまけに2人とも既婚である。  
(ついでに、中国では偽札も普通に流通しているので、気をつけましょう

 その後、1人がホテルへ戻って現金10万円を工面し、
再びぼったくり・バーへ戻って10万円を用心棒へ差し出し、
ようやく堪忍してもらい、人質も解放されたようだ。

 その同僚は、
"もう二度と中国での呼び込みと、中国人の言う友好は信じない。"

と言っていた。

 "あぶねぇ〜、もう少しで引っかかるところだった・・・"

 日中友好を口実に、お人好しの日本人から、ぼったくるのである。

 日本人の多くは、中華思想 を知らない。
一言で言えば、覇権主義(隙あらば侵略)、自分さえ良ければいいという自己中心的な考えだ。(自分たちが世界の中心の華という事から中華人民共和国という。)
日本人のように、利害関係のない交流や付き合いはしない民族である。 
つまり人と付き合うときは必ず何かの目的があるという事だ。
売り手と買い手、先生と生徒、金儲けのカモ・・・という具合だ。

 正直、知る限りにおいて、
 中国人によるボランティア活動なんて聞いた事もない。


 これから1,000万人から3,000万人の中国人が、日本へ移住する可能性がある。
中華思想を良く知っておかないと、お人好しの日本人は餌食となるだけだ。

 気をつけよう、甘い言葉と、エロ仕掛け


 The ぼったくり 完



日中友好で騙されないぞ!
ポチっと、お願いします!
人気ブログランキングへ

こちらも、ポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!







漢字文明にひそむ中華思想の呪縛
集英社
黄 文雄

ユーザレビュー:
漢民族と漢字の関係と ...
漢字文明にひそむ中華 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すかんぴんさん、こんばんは

世界中でぼったくられた経験上、中国では難を逃れられて良かったですね
甘い言葉とエロ仕掛け性格男っぽいみつばも、これにはひっかかりません〜
まあ、男の浅はかさっていうのですかね!
今後も、すかんぴんさんは気をつけて下さいね
みつば
2009/08/03 22:44
みつばさん
いつもありがとうございます!
一つ目の誘惑は絶対×、二つ目の誘惑は、
今でもよくわかりません(勘ぐりすぎ鴨)。
みつばさんも、お仕事頑張ってくださーい。
すかんぴん
2009/08/03 23:22
二つ目の誘惑も怪しすぎですね。
こわ〜い!
でもうまくかわされたので、ホッとしました。

それぞれの国で考え方が違うって事を
肝に銘じなければな〜と思いました。
タイのタイ
2009/08/04 02:35
タイのタイさん
日本人は助け合い精神があり、正直な人が多いです。世界の国では、いいひともいますが、ぼったくりは桁違いで多いです。「友好だ!」とか「友情だ!」といって騙すのは、中国、韓国が多いです。いい人たちもいます。個人の付き合いではなく外交、国家間の付き合いは国益を考えないといけません。「友愛外交」は自殺行為、売国行為としかなりえないと思います。ゆすられ、たかられ亡国の徒です。
すかんぴん
2009/08/04 14:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
The ぼったくり (後編)  夢・幻の如く 〜 Going My Way 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる