夢・幻の如く 〜 Going My Way 〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 大東亜戦争の真実

<<   作成日時 : 2009/08/12 16:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 毎年、8月の終戦記念日が近づくと、
どのテレビ番組も、太平洋戦争を反省する番組を放送している。

 そもそも、当時の日本人は、「大東亜戦争」と言っていたのに、
戦後、連合軍(GHQ)により、呼称を 「太平洋戦争(The Pacific War)」
へと変えられてしまったのだ。

 そして各テレビ局は、現在でも「太平洋戦争」と称して、
当時の戦争での自虐的な日本の影の部分のみを伝え、反省を促している。 
未だに、連合軍にとって都合の良い歴史を放送し、洗脳され続けているようだ。
 
 戦争を反省するのは良い事であり必要だ。
しかし、一方、他国(欧米と他の戦勝国)ではそのような事はせず、
戦争の光の部分だけを伝えている。 逆に日本のマスコミは影の部分しか伝えない。

 当時の日本は、戦争を回避する為、あらゆる手段を尽くした事、
そしてやむを得ず戦争へ突入した事は、明白な事実だ。
[日本が、ルーズベルトやスターリンの罠に嵌った。]

 ビジネスに例えれば、一流と言われる大会社は数多くある。
しかし、どんな優良企業といえども、良い面と悪い面がある。
100%理想の、完璧な企業など、この世に存在しないのだ。

 そして、ある優良企業の社員、もしくはリストラにあった元社員を、
インタビューして、その企業の悪いところ、影の部分、不平不満の部分だけを、
編集して放送し続けるなら、企業のイメージは最悪となるだろう。

 そんな訳で、ここでは世界の歴史家や要人たちが、
どのように「大東亜戦争」を評価しているのか、敢えて光の部分を紹介しよう。

 日本人なら、知っておくべき歴史だと思う。
 是非、最後まで観て欲しい。




大東亜戦争の真実
[↓ ココをクリックすると大画面で表示]
http://www.youtube.com/watch?v=UdpaTT5EYI0




海外の要人たちの評価
[↓ ココをクリックすると大画面で表示]
http://www.youtube.com/watch?v=eE5-UNAjfoc




日本がアジアに残した功績
[↓ ココをクリックすると大画面で表示]
http://www.youtube.com/watch?v=fTCAHoGN1I4




日本戦史〜大東亜戦争〜
[↓ ココをクリックすると大画面で表示]
http://www.youtube.com/watch?v=WQaXHFYQiuY




大東亜戦争の真実 海外の歴史家・軍人たちの証言(名言集):
http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/daitouasensou.html



真実の歴史を伝えよう
ポチっと、お願いします!
人気ブログランキングへ

こちらも、ポチっとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます!




 


大東亜戦争を見直そう―アジア解放の理想と花開く武士道物語
明成社
名越 二荒之助

ユーザレビュー:
オーストラリアの海軍 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



世界から見た大東亜戦争
展転社

ユーザレビュー:
やや我田引水。東京裁 ...
一方的な東京史観を相 ...
大東亜共栄圏の思想に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



パール判事の日本無罪論 (小学館文庫)
小学館
田中 正明

ユーザレビュー:
A級戦犯とは何か?小 ...
最早、「裁判」という ...
パール祭一ヶ月に及ん ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた 小学館文庫
小学館
櫻井 よしこ

ユーザレビュー:
沢山の人に読んでもら ...
日本人の自虐史観の原 ...
敗戦国の日本劣等人の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く
文藝春秋

ユーザレビュー:
歴史は一つの流れとし ...
もっと広まってほしい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


 
 
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すかんぴんさん、こんばんは!

日本に生まれ、日本人として育ち、当然「愛国心」もあります。日本の真実をこうして追求する人がいることで救われる気持ちにもなります。
最近は、ちょっと、すかんぴんさんのブログにハマッテます(笑)いつも、気持ち玉ありがとうございます。「おち」さんにもよろしく(笑)
みつば
2009/08/12 21:27
みつばさん、
いつもありがとうございます。
「おち」さんへ伝えておきます。
今の日本は、自信を失い、愛国心のない国民の世界1であると思います。その為には、本当の歴史を知る必要がありますね。
すかんぴん
2009/08/12 23:50
米の小学生が使う本(日本語に翻訳)を、読んだことがあります。
 ナチスと、まったく同じように、アジア全土を征服しようとした。
 それにより、侵略国と断定。
 
 日本軍は、ナチスと同じように、日本人以外の国民を尊敬に値しないよう、教えられていた。
( これは、当時の帝国軍人の影響かな?)

そのほか、日系人の収容所送りについて、
独・伊には行われ無かった事で、明らかに人種差別を行った。と反省の弁もあり、
また、
日本軍人は、命を惜しまず、大変勇敢であり、捕虜を拒んで次々と戦死していった。
と、勇敢さを讃える文もあった。

平家しかり、新撰組しかり、
歴史は、勝者がつくるもの。
敗者の真実が、闇に葬り去られるのは、いつの時代も同じですね。
おのの
2009/08/14 21:59
おののさん、
全くその通りですね。
戦後にGHQのマッカーサーをはじめ、
幾人もの米軍関係者と歴史家は、「日本は自衛のために戦争を始めた。(侵略目的ではない)」と認めています。しかし一般の米国民には、未だに知らされていません。
すかんぴん
2009/08/15 22:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
大東亜戦争の真実 夢・幻の如く 〜 Going My Way 〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる